So-net無料ブログ作成

-10kgの超簡単ダイエット法!! [健康]

ライザップと同等!-12kg成功の簡単ダイエット方法!リバウンドなし!

yjimage1OB11NGE.jpg

ライザップが流行っていますね。「結果にコミット」というのは強烈なインパクトが有ります。しかし、ライザップのダイエット方法は、結局のところは食事と運動です。

実際に私は-12kgのダイエットに成功しました。その体重を10ヶ月キープしており、リバウンドもありません。

私がダイエットすることになったきっかけは、5月から始まったクールビズをきっかけに、夏服のズボンを出したことです。
昨年は普通に入ってたズボンがかなりウエストがきつく、びっくりしました。「え・・・」という言葉がこみ上げました。

そういえばここ1年間、忙しくなって運動は全くしなくなり、体力・気力の回復を名目にお菓子やご飯の食べる量が増えていました。
飲み会の後にはしめでラーメンを食べることもありました。また、気分がよくなって家に帰って再度お酒とお菓子を食べることもありました。

これらがお腹に豊潤な脂肪として蓄積されていたんですね。

当時の私の身長は170cmで、体重はここ数年62~63kg程度で安定していました。恐る恐る体重計に乗ると、なんと76kg・・・

身長170cm・体重76kgの場合、BMIは26.3です。
日本肥満学会、世界保健機関(WHO)のいずれの基準でも、BMIの普通体重(Nomal range)は18.5~25未満となっていますので、やや肥満体系ということになります。私の標準体重63.6kgに戻すには、12kg体重を落とさなくてはならないのです。

ウエストも大変に順調に成長していました。厳しすぎという批判もあるものの、メタボ基準を超え、88cmになっていたので、ウエストを減らすのも重要な課題でした。

こうした状態の下、ダイエットを決断しました。

忙しいこともあり、どんなに効果があっても手間や時間がかかる方法はNGでした。手間がかからず簡単なダイエットの方法を模索しました。

ダイエットする方法は主に以下2つです。
運動
食事
この両面で方法を模索しました。

運動に関しては、ジム・スポーツクラブに行ってトレーニングしたり、プールで泳いだりが有効ですね。確実にカロリーを消費できます。
最近は24時間営業のジムもありますので便利です。昔に比べるとジムの利便性は格段に向上しています。できれば週2~3日程度ジムで汗を流すのが理想的です。

しかし、時間がなくてなかなか行きづらいというのが正直なところです。最初は頑張って行っても徐々に遠ざかるという光景が鮮明に浮かびます。平日は厳しいですし、ましてや私の住んでるところには、ジムなどないので断念しました。

その代わり、日常生活でできる限り動くのを心がけました。色んな健康本を読むと、ウォーキングは体にいいという話しかありません。

そこで、毎日朝、仕事に行く前にウォーキングを始めました。
そして、できる限り歩くようにしました。電車・バス・タクシー等を使う場合と、歩く場合10分しか変わらない場合は、歩くようにしました。階段もできる限り登るようにしました。

そんな中、ライザップと同じく食事と運動に特化したダイエットジムをネットで見つけました。

それは、自宅でできるオンラインダイエットで有名な「SHINYABODYLAB」でした。

1人では、なかなか難しいトレーニングから食事管理まで、完全オーダーメイドで正しいダイエットプログラムが自宅にいながら受ける事ができるのです。

ましてや、自分のライフスタイルに合わせることができるという利点です。


ということで、私がダイエットのための運動に関して行ったのは、毎朝のウォーキングと毎日メールで送られてくる「SHINYABODYLAB」のトレーニングとストレッチの動画を実践するだけです。これは、脳と筋をつなぐ神経系を強化する独自の筋力トレーニングだそうです。

そして、ダイエットで最も重要なのが食事です。いくらハードな運動をしても、消費できるカロリーは数百kcal程度です。食事を工夫するとダイエットの効果が抜群に向上します。

3度の食事のほかに夜食で、カップラーメンを食べたり、また、飲み会の後にラーメン屋でこってりしたラーメンと更になぜかアルコールも再飲ということも珍しくありませんでした。

こうした食生活はNGだとは認識はしており、改善が必要だと考えていました。
「糖質制限でダイエットに成功」という話は耳にタコができる程に聞いていたのです。

しかし、糖質は脳を活性化させる側面があり、極端な糖質制限についてはしないようにしました。

これも、「SHINYABODYLAB」では、糖質制限の食事のアドバイスから私の毎日の食事レポートを的確に指導してくれます。

こんな具合です。

「食事内容確認しました。

タンパク質を中心とした食事内容で、とても良い食事メニュー内容です!
ワークアウトの動画は確認されましたか?
ワークアウトと併用する場合は、摂取カロリーが少ないので、
もう少し量を摂られても大丈夫です。
その際パイナップルは糖質が気になりますので、鶏肉とブロッコリーを多めに摂って下さい。
パイナップルはビタミンが多く、肌と調子を整えるのに最適なフルーツですが、
糖質が高いので血中の中性脂肪値を上げてしまい太りやすい体質を作る食材なんですね。
ビタミンを摂取する場合は野菜やサプリメントで補うのが望ましいです。

3食の食事の時間はとても良いです。」


最後にまとめますと、ダイエットにあたって運動の面では以下を心がけました。

1.毎朝のウォーキング
2.毎日送られてくる動画の筋トレとストレッチの実践

食事面ではフードコントロールという的確なアドバイスを受けながら以下4点の方法を取り入れました。

1.糖質控えめ
2.高タンパク・低カロリーの食事
3.お菓子・スイーツ・ジュースの根絶
4.大盛り、飲み会の後のラーメン・再飲の廃止


適度な運動と食事のコントロールでダイエットすることは可能です。

ライザップには魔法があるわけではありません。結局は運動と食事でダイエットしているだけです。ライザップと同じようなことを自分でやれば数十万円支払わなくてもダイエットはできます。


しかし、自己流では、間違ったダイエット法で、仮にダイエットに成功したからといっても、食生活・運動習慣が甘えから元に戻してしまって、その結果、体重が簡単に増得てしまうのは、火を見るより明らかです。

「SHINYABODYLAB」は、ライザップより格安で、しかも、オリジナルの個別プログラムで1人1人に合わせた自宅で簡単にできるプログラムを提供してくれます。
内容にも寄りますが、大体5分程度のトレーニングとなっています。
これなら忙しくて時間が取れない人にも実践可能ですね。

バランスの取れた糖質控えめの食生活と適度な運動が、ダイエット方法では重要です。これも、「SHINYABODYLAB」では、食事レポートから的確なアドバイスを指導または、提案してくれるのでバランスのとれた中身から美しいきれいな体作りを目指すことができます。

個人個人のライフスタイルに合わせた丁寧なサポート。オンラインだからできる、一人一人に合わせたダイエットプログラム・肉体改造プログラム・食事改善を提案してくれます。
プロが指導してくれるので安心してダイエットに臨むことができます。

写真を付けてお見せすることはできませんが、私は、SHINYAさんの「SHINYABODYLAB」で健康な体を保つことができました。ボディビルダーみたいなカラダにはなっていませんが、ライザップのCMで流れている変身されたモデルさん並みにはなっていると自負しています。
kokorikoenndou.jfif
新聞や雑誌、web等で紹介されているので安心して大丈夫です。

私のトレーナーのSHINYAさんが、
生稲晃子からインタビュー受けて緊張してる様子を
ご紹介します。

http://www.hoyumedia.com/co/pj/sbl/interview.html

yjimageME31CM2Z.jpg

また、タレントの水野 裕子さんが「SHINYA BODY LAB」をご体験頂いた際のものです。

http://www.companytank.jp/interview/201512/12120/

ここでは、お試しの体験コースからトライアルコースなどいろいろとあるので、自分に合ったコースを選ぶといいと思います。

入会料は、通常3万円ほどかかりますが、紹介コード欄に bd8650 と入力していただければ5千円で入会することができます。
詳しい内容については、下記にサイトを載せましたので、覗いてみてください。


http://www.dietsupport.co.jp/syokai/

yjimage0QMYMI7K.jpg

失敗しないダイエットを望むのであれば自己流よりは、この「SHINYABODYLAB」で生涯健康な体を、作ってみませんか!?
私と一緒に頑張りましょう!!



ヘアケア育毛発毛サプリメント【GUNGUN(ぐんぐん)】

キャピキシル配合ならザスカルプ5.0c











スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました